L.A.コンフィデンシャル

本作は1997年公開のアメリカ映画。ジャンルは刑事モノ。監督はカーティス・ハンソン。原作はジェイムズ・エルロイの同名小説。

1953年末、L. A.。場所はダウンタウンのナイト・アウル・カフェで、6人の男女が惨殺される事件が起きた。

ロス市警に所属する、バド・ホワイト刑事(ラッセル・クロウ)は調査を開始する。事件の背後にとある館の娼婦が関係してると掴み、高級娼婦リン(キム・ベイシンガー)に接近する。しかし、いつしか彼女と恋に落ちてしまう。

その一方で本作の主人公、エド・エクスリー警部補(ガイ・ピアース)は真面目で頑固一徹。出世欲が強い彼は周囲の意見も無視し、調査を進める。が、その内に背後にはバドらの上司がいる事を知り、更に事件は思わぬ悲劇を生む事になっていき……

名作と名高いだけあって、非常に面白いです。主役が3人(or2人)おり、ラッセル・クロウとガイ・ピアースが対立したり、共闘したりしつつ、事件を追っていくという非常に豪華なキャスト・話です。

ただ、本作は見た後、げんなりするかもしれません。悲劇的な展開があるからです。良い作品で、心に残る場面が多々あるんですが、やはりどうしても忘れられない映画なんですよね。

見た方にのみわかる言葉、「ロロ・トマシ」。もう、これで全部私が言いたい事もわかってしまうという……。
さいたま市 引越し 見積もり